Microsoft 365 Businessってなに?

「Microsoft 365 Business」とは、Microsoft社が提供するビジネス向けサブスクリプションサービスで、仕事をする上でさまざまなツールがパッケージ化されています。Microsoft 365 Businessでは現在、「Microsoft 365 Business Basic」「Microsoft 365 Business Standard」「Microsoft 365 Business Premium」「Microsoft 365 Apps」の4つのプランが提供されています。

それぞれ、使えるツール・アプリケーションの種類や、価格、利用シーンや使用頻度に合わせて、利用する企業にとって最適なプランを選択することが可能です。

Microsoft 365とOffice365との違い

Microsoft 365とOffice365はよく混同されがちですが、厳密には異なるサービスです。

Office365とMicrosoft365の大きな違いは、「EMS」の有無の違いです。

EMSが入ることによって、セキュリティーが大幅に強化されるというメリットがあります。

現在Office365はMicrosoft365に統合されており、Microsoft365に含まれる1つのサービスとして提供されています。

Office365は、WordやExcel、PowerPointといったOfficeアプリケーションが利用でき、加えてMicrosoft Teamsの利用が可能で、これらについてはMicrosoft365とも共通します。

Microsoft 365 Businessでできること

Officeアプリケーション

言わずと知れたオフィスワークでは必須の、WordやExcel、PowerPointといったアプリケーションを利用することが可能です。これらはどのプランを選択しても利用が可能ですが、

Microsoft 365 Business BasicというプランではWeb版のOfficeとなるため、デスクトップ版と少し使用環境が異なる点は注意が必要です。Web版Officeはブラウザを利用して使用することが可能で、場所やデバイスに縛られることなく使用できるというのはよい点ですが、一部機能が制限されるという点については注意が必要です。

Microsoft Teams

Microsoft Teamsは、会社内のメンバー間でのコミュニケーションを円滑にするツールです。

具体的には、チャット機能や、グループ内でのWEBミーティング、ファイルやスケジュールの管理などが可能です。

最近では新型コロナウイルスの影響から、主に都市部で働くビジネスマンに対してリモートワークが推奨され、リモートワークを導入する企業では、Microsoft Teamsが広く活用されはじめました。WEBミーティングやチーム間でコミュニケーションを取るツールとして、幅広く利用されています。

Microsoft Publisher

こちらは、簡易版のDTPソフトウェアです。DTP=Desk Top Publishingの略で、主に印刷物を制作する際に用いられるソフトウェアです。

DTPといえば、Adobe社が提供するAdobe InDesignが有名ですが、Microsoft Publisherは簡易的なDTP作業が可能です。

主に印刷物を製作する際に用いられるソフトなので、これを利用して、パンフレットやチラシ、名刺など様々な印刷物をデザインすることができます。

ちなみに、Microsoft Publisherは、「Microsoft 365 Business Basic」以外のプランで利用ができます。

また、Microsoft Publisherは、Windowsのパソコンしか対応していません。Macを使用している環境だと使用することができないため、注意が必要です。

Microsoft Access

このソフトウェアは、データベースを管理するために用いられます。

Microsoft Accessでは、データベースの作成をはじめ、データの作成・更新・削除など一貫して行うことが可能です。大規模なデータ分析を行う際も、しっかりと活用することができます。

また、こちらについても、Windowsのパソコンしか対応していないので、注意が必要です。

一般企業がMicrosoft 365 Businessを導入した方が良い理由

【理由①】仕事の生産性が上がる

Microsoft 365 Businessを利用することで、仕事の生産性が飛躍的に上がります。

具体的には、Officeアプリを使用して共同作業をすることができたり、メールや予定表を共有することで、情報共有ができたりします。また、ドキュメントファイルをクラウド上においておくことができ、メンバー間で共有ができます。メールなどでドキュメントを送受信しなくても作業ができるのは、とても便利です。

これらの作業が可能なので、社内にいてもリモートワークの場合でも、しっかりとメンバー間が「つながる」ことができます。

【理由②】社内メンバー間のコミュニケーションがとりやすくなる

主に、Microsoft Teamsを活用しての話になりますが、チャット機能を利用することで、社内外問わずスピーディーなコミュニケーションが可能になります。

また、必要な際にはWebミーティングも可能で、リモートワークでなかなか会えない会社のメンバーとも、ビデオチャットを利用することで顔を見ながら打ち合わせをすることもできます。

Microsoft Teamsは、現代の新しい働き方にマッチした優れたアプリケーションといえるでしょう。

【理由③】セキュリティの保護強化

Microsoft 365 Businessでは、社内のデータを安全に守るために役立つセキュリティ機能が備わっています。

例えば、サイバー攻撃などに対する防御や、顧客データのセキュリティーを強化することも可能です。

また、ユーザーとデバイスの管理が可能なので、ウイルスやサイバー攻撃などからの脅威から守ってもらうことができます。