正しいパソコンの電源のオンオフ

文書を作成しているとき、デスクトップパソコンのACプラグを抜いてしまうと作成途中の文章は一瞬にして水の泡へと消えてしまう、これは初心者でもわかる話しです。

しかし、電源を入れてから起動するまでの間や作業を終えてオフにするときなどパソコンは必要なデータの書き込みを行い起動もしくは終了の処置を行うため、この段階で電源を切ってしまう、もしくは電源を入れると電子部品の破損やパソコンのオペレーティングシステムの不具合が生じることがあるので注意が必要です。

電源を入れるときにはボタンを押すだけで良いのですが、あまり長く押し続けると他の機能が働いてしまうなどからも注意が必要です。オフにするときにはシャットダウンを選択してから行い、完全にパソコンがオフになった段階でコードを抜くなどが正しいやり方です。