パソコンの頭脳とも呼ばれている「CPU」の開発によって、現代のような多機能・高性能なパソコンが登場するに至ったと言われているようです。パソコンの誕生にはCPUの開発が必要不可欠であったとされているようですが、CPUが発明された当初の段階では、コンピューターの性能を発揮させるためには、十分な力が備わっていなかったとされているようです。CPUが本格的にパソコンに使用され、従順な力を発揮できるようになったのは、32ビットのCPUが登場しはじめた頃からとされているようなのです。CPUはコンピューターの要とされ、現代におきましては自動車やエアコン、冷蔵庫などの家電製品などに使用されているようです。今やCPUはパソコンだけではなく、現代人の便利な生活には欠かすことのできないパーツのようです。