最近、パソコンの長時間作業から目の疲れが著しいと感じる皆さん、ディスプレイの表示画面の設定が明るめにセットされていませんか。ディスプレイの画面設定が明るめにセットされておりますと、画面の明るさが目を刺激し疲れ目になりやすいなどとも言われているようです。また疲れ目を懸念することから画面設定を暗くセットされる方もいらっしゃるようですが、暗すぎることも目の負担となり疲れ目の原因になると言われているようです。また専門家などのアドバイスには、お部屋のなかの明るさとディスプレイの表示画面の明るさの差が大きいほど目が疲れやすくなるなどとも言われているようです。さらには液晶ディスプレイから発せられるブルーライトは、網膜の奥まで達することで脳を刺激しやすく睡眠障害などの健康被害にもつながりやすいとも言われているようです。