皆さんはデパートやスーパーでお買い物をする際に、皆さんが手にした1つの商品からどの程度のダンボールごみや包装に関わるごみが発生していると思われますか。

オフィス内におきましてもコピー機から排出される紙たちが将来的に処分されることを考えてみますと、人間が1人都市空間のなかで生活するなかで、大量の紙ごみが発生していることもにもつながります。

では、ごみを出す際にあらかじめ分別されるなかで紙ごみのみを回収するシステムなどが紙ごみのリサイクルへの効率化にもつながっているようです。

紙ごみに限らず、都市ごみの回収車として皆さんもご存じであるパッカー車の開発などが、紙のリサイクルの低コスト化にもつながっているようなのです。